2013年11月25日

亜麻仁油と亜麻の歴史

亜麻(フラックス)は紀元5000年もの昔からメディカルハーブとして、
エジプト、インド、ヨーロッパなどで愛用されていたことが知られています。

また、もともとは亜麻の種子ではなく、茎の部分がリネンとして用いられていたようです。
エジプトではミイラを巻く布として使われたほどです。

種子は、フラックスオイルとして「太陽のエネルギーを持つ聖なる油」と言われてきました。

種子から取れる油の主成分オメガ3必須脂肪酸はαリノレン酸で、
細胞膜の主な構成要素ですから、皮膚のみずみずしさにも関係します。

同じαリノレン酸が豊富なエゴマ油
日本でも縄文時代には使われていたといいますから、
食や生活を支える物は昔から使われているんですね。

この必須脂肪酸は体内で作ることができないため、
食事などを通じて体内に摂りこむことが必要となります。

ところで、亜麻仁油が広く知られるようになったのは最近の事ですが、
実はこの歴史は案外ふるく15世紀半ばから17世紀半ば頃には、
たくさんの人が使っていたようです。

日本製粉アマニ油


亜麻仁油の原料である亜麻には非常に頑丈な繊維があります。
これは、船の帆に使われていたほど丈夫です。

この為、昔は油よりも船を造るための材料として使われ始めたようです。
後に種子から非常に良い油が取れる事がわかり、次第に民衆に広まっていったようです。

亜麻仁油には粘着性があることから、ケーキ作りにも添加されるようです。
特に、最近は卵アレルギーのお子さんもいますから、
卵の代わり亜麻仁油を加えてもいいでしょう。

さらに、亜麻仁油は、高血糖や高血圧の予防にも効果があります。
エゴマ油と共にもっと亜麻仁油も使われると、健康な人が増えると思います。
posted by mio at 20:30| 亜麻仁油の歴史 | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

亜麻仁油の効能効果とは

実は、近年亜麻仁油(フラックスオイル)が人気になるにはそれなりに理由があります。
その最大の理由は、沢山のオメガ3が含まれていることです。

オメガ3には、
青魚からとれるDHAやEPAが血液をサラサラにしてくれる成分があるというのは
多くの人が認識していることだと思います。

オメガ3には、亜麻仁油が持っているαリノレン酸もこの中に入ります。

そして、なによりαリノレン酸は
私たちが亜麻仁油を食べると体内ではDHAとEPAに変換されていきます。
つまり、魚にしかないDHAとEPAを食物からも摂れるというわけです。

その結果、亜麻仁油を摂ると血液サラサラになるというわけです。

ところで、亜麻仁油の原料は亜麻という食物ですが、品種改良が進み、
この亜麻からは、大まかに分けるとリネンとなる繊維用のものと、
オイル用の種子を中心としたものの2種類があるようです。

亜麻仁油としているのは種子をオイルに利用する側ですが、
この中のオメガ3のαリノレン酸がダイエット成功のカギともなります。

ダイエット中の人が油を避けるのも分かりますが、
いい油に代える事で相乗効果が得られる事もあるんですね!

αリノレン酸には競合性があって、
オメガ6を過剰に摂りすぎの人が多い現代では、
オメガ3を摂ることで、オメガ6の過剰となった分を打ち消す役割も担います。
つまり、不必要になったものを体にいたずらしないうちにやっつけてくれるわけです。

日本製粉アマニ油


次が、アトピーに効くということです。
上記のことが具体的に効果に現れる一例だと思います。

また、コレステロールの過剰なものが排出される効果もあります。
メタボ気味の人、中性脂肪やコレステロールが高いという人などもいいですね。

そして、厚生労働省が示すオメガ6とオメガ3の理想的摂取比率は4対1です。
上手く生活の中に摂り入れていくことが、非常に重要だと思います。

かつて島国日本では、周辺の海洋から青魚を豊富に採り、食べてきました。
いつの間にやら、現代の生活は魚から摂るDHAやEPAを口にしづらい環境にあります。

こんな時には、亜麻仁油やエゴマ油からαリノレン酸を摂ることを考えることも必要です。
posted by mio at 15:16| 亜麻仁油の効能効果 | 更新情報をチェックする

亜麻仁油(フラックスオイル)のレシピ

亜麻仁油(フラックスオイル)は熱を通すと効果がなくなるので、
加熱せずに生のままでの摂取が必要!!!

一般的なのがサラダにドレッシングとして、かけて食べることです。
その他にも、個人的には冷奴にしょう油と一緒に掛けて、
かつお節をのせて食べるのが好きです(^^

納豆や生卵をごはんにのせる際にこれ混ぜて食べると言うのもいいですよ。

典型的な事例は、イタリアンではオリーブオイルを何にでもかけるように、
亜麻仁油(フラックスオイル)でも行えばいいということです。

亜麻仁油(フラックスオイル)をそのまま生で使うと言ってしまえば、
結局何にでも使えます。

但し、熱に弱いという点を注意して下さい。
例えば、ご飯にかける際も炊きたてのアツアツご飯ではなく、
少々覚めた方がいいと思います。

他の料理も、掛ける方さえ生ならいいというわけではなく、
出来れば食材の方が冷めている方がいいですね。

あとは、時間のない方や外食の多い方には生でそのまま小さじ1杯を頂きましょう。
1日1回でいいですが、サラダなどで十分に摂っているという人は特に必要ないと思います。

しかし、サラダも食べない、朝もマクドの朝食などという人は案外いますよね。
私もかつてはそうでした。

朝食を自分で作るのも面倒・・・時間もない・・・ついでに、コンビニか、マクドで・・・
とついついさぼりがちでした。

しかし、最近健康とな何かということに目覚めました。
マニアックかもしれませんが、少々昔の生活に戻しただけなのかもしれません。

但し、野菜の力が昔と比べて、何と最大で10分の1にまで減っているものもあります。
ちょっと悲しいですが、農薬の撒き過ぎと土壌の劣化、種子の劣化などが原因のようです。

これらをもとに戻すのは、なかなか大変ですが、
国民の健康を守るために何とかしてもらいたいね~

TPPも交渉中とは言いますが、一段と厳しい食環境になるのではと懸念しています。
食の分野だけは、譲歩してもらいたくないですね。



しかし、既に遺伝子組み換え食品は加工されて私たちも知らず知らずの間に口にしているかも。
特に外食が多い人は注意が必要です。

最も、外食で注意しても、誰もチェックできませんが…。
要は、自炊で、自然食材などを増やすなどして、自己防衛したいということですね。

そんな人に向いているのが、亜麻仁油(フラックスオイル)です。
posted by mio at 14:27| 亜麻仁油の料理 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。